天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

ノーウェアボーイ

自分にとってジョンは特別中の特別なので。

かなり斜に構えて見てしまった、かもしれない。

ビートルズになる前のジョンのはみ出し感が“エデンの東”様に、愛くるしく描かれ

ている。

ジュリアやマザーのさりげない被せ処もドンピシャ。

若きアーロン・ジョンソンはなかなか上等だったし、写真家サム・テイラーウッドは初監

督と思えぬ弛みない作りで、並々ならぬ才能とセンスを感じた。

スコセッシによるジョージのドキュメンタリーが公開され、とても楽しみにしている。