天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

テン

TEN(テン) 第二章TEN(テン)

クリストフ・ヴァルツ脚光に便乗した格好ではあるが、オーストリア映画なんてなかなかお目にかかれないし、TVならそこそこ楽しむことができる。

ソフトな殺人現場と緩いながらキチンとしたストーリーは、過激とシッチャカメッチャカよりはるかに満足が得られる。

パッケージでは看板扱いのヴァルツだが、残念重要な役でありながら主役ではない。

イングロリアス・バスターズの後、冷静かつ落ち着いた演技力が高いという印象が更に強まり、括れない魅力溢れる俳優である。

タランティーノの眼が確かと言うべきか。