天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

世界の中心までトンネルを掘る・・・ケヴィン・ウィルソン


群れることを嫌い、少しガードが固く、斜に構え、無口で暗い、それでいてとても繊細な人たちを綴った短編集。

情景は異質で唐突で不可思議だが、ごく狭い個人的な充足にとっぷり共感。

淡々と静かな展開だが心情は詳細で余韻深く、癒されるわけではないが読後は妙に心落ち着く。

全く毛色が違う物語なので読む人によって好みがハッキリ分かれるだろう。

自分的には「ゴー・ファイト・ウィン」が最もホットであった。