天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

羊飼いの暮らし・・・ジェイムズ・リーバンクス

そもそもイギリスで今だ羊飼いという職業が脈々受け継がれている事実に驚く。

著者は代々続く羊飼いの家に生まれ、学校より立派なファーマーになるべく家の手伝いに従事するが、本と出合ったことで学問に開眼、海軍に入隊し学費を貯めオックスフォード大へ進学。都会で猛勉強する中徐々に自分のルーツやアイデンティティに強く囚われ、卒業後迷うことなく家業を継ぐ。

湖水地方の美しく過酷な春夏秋冬と羊の出産から死、由緒ある品評会の様子や、食肉まで、気候に翻弄され成果もあれば失敗も数々、年中休む暇もなくハードすぎる仕事がリアルに綴られるが、それゆえ自然の中で生きる充実感、努力が報われた達成感は計り知れず。

羊飼いと言えばハイジしか思い当たらない者には驚きと尊敬の連続であり、異次元の別世界である。

ツイッターで現在のフェルの様子を見ることができる。

@herdyshepherd1