読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

東京食べ2016.6.5~6.6

6.5夕方の幕張海浜と翌日荻窪ランチが既に決定済みだったので今回は銀座を軸に展開。
ショップ開店時刻まで東京駅サラベスの行列に乗っかり時間をつぶす覚悟を決める。
混雑と質の悪いサービスとふあふあでもしっとりでもないパサパサパンケーキにガッカリ。
Img_9125
無駄に時間を超過し慌てて待ち合わせ銀座三越ライオンに急ぐ。
リール銀座でライトなランチ。

フレッシュ野菜とやさしいキッシュ、ホント落ち着くわーーーーー
ココでこそケーキ!だったのに!すでに満腹サラベスの呪い。
当店イチオシひとくちマンゴーデザートとケーキがとても美味しく悔し涙落つ。。。
Img_9127
Img_9128
Img_9130

翌月曜は荻窪駅集合
坊千代(完全予約制)
http://bouchiyo.com/
店内ほの暗く骨董ぽい内装。
1組限定貸切りの贅沢にウキウキ。
駆けつけ自家製ジンジャーエール!他2名はスパークリングワイン注文。
本日のお献立ワクワク拝見。
Img_9309
サラダ
お野菜は美味しくてアタリマエの昨今、にしてもこの水茄子の瑞々しさ、ホタテのプリっと感に思わず目がシャキ。
Img_9313
続いてアボガトと自家製モッツァレラの温スープ
大好物モッツァレラがトロントロン溶けて絡んで美味ーい!
Img_9315
スープ中、ずっとなにやら香ばしい匂いが漂っていたが、楽しみにしていたピザはなんと鮎。
大歓声に包まれ、焼きたて鮎トッピングの焼き立てピザをパクリ。
生地ブラボー!鮎マスト!完璧マッチング!
9319
Img_9321
そしてメインの豚ロース味噌漬けと古代米
さほど味噌の風味は感じられなかったが、むしろやわらかく弾力ある肉の仕立てに利用した風。
ここでおかわり自家製葡萄ジュースと赤ワイン
無駄に甘味なくキリッとスッキリのど越し淡麗。
Img_9324
Img_9331
ちなみにグラスもお皿もそれぞれ絵柄が違う骨董ーキョロキョロ目移り。
最後のデザートはバカラのビンテージ。
とてもチャーミングでビンゴ女子好み。
9332
このタイミングで蓄音機がビバルディを奏でリッチ指数跳ね上がり。
店内に飾られた古美術品を眺めてると店主が解説してくれたり食事以外にもツッコミどころ楽しみどころ満載。
方向性が類似してる遠野要はハード系、坊千代はぐっとソフト寄り(より多くの支持を集められる)という印象。
Img_9340
※なにかと思えばバンビちゃんの足!シェー

なんとなく量的にまだまだ余裕ありで。帰り際すごく気になっていたシンガポールチキンライスorカレーで迷った挙句海南鶏飯へ。あーーでもお店に到着して後悔。インドカレーの方がハズレなかったかも。戻る時間はなくとりあえず揚げ蒸しハーフハーフのチキンライス注文。付け合せ野菜がそもそもアウト。チキンとタレはそこそこ美味しかったけどこれウチで簡単に作れるかもね。
Img_9344