天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

新車の中の女

新車のなかの女
調子に乗って新訳ふたたび、1966年ビンテージしかも少々苦手なフランスミステリー。
コトが複雑すぎて途中怪奇やSFに転じる?不安に駆られる。
結局終盤、犯人より動機、計画、犯行について長々解説を聞かされるハメになるが、このように全てを説明しなければ納得できない結末は読者にフェアじゃないと常々思う。
さびしんぼうの主役も薄いし、他登場人物の心情にも全く入り込めない。
現実味からあまりに遠く、細かすぎるピースがなんとか収まった達成感?だけ。釈然としない。