読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

Paul McCartney OUT THERE JAPAN TOUR 2013/11/19 TOKYO DOME

Img_2075Img_1300

アリーナ前方ブロックではあったが、かなり鋭角。

いや無論不満などない。

生きてナマのマッカートニーを拝むことができた奇跡。

神に感謝。

予定通り Eight Days a Week の幕開け。

彼は現実なのか?自問グルグル。

19日のセットリスト

1. Eight Days a Week
2. Save Us
3. All My Loving
4. Jet
5. Let Me Roll It
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. 1985
9. The Long and Winding Road
10. Maybe I'm Amazed
11. Things We Said Today
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. New
18. Queenie Eye
19. Lady Madonna
20. All Together Now
21. Lovely Rita
22. Everybody Out There
23. Eleanor Rigby
24. Being for the Benefit of Mr. Kite!
25. Something
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
27. Band on the Run
28. Back in the U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live and Let Die
31. Hey Jude

32. Day Tripper
33. Hi, Hi, Hi
34. I Saw Her Standing There

35. Yesterday
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End

擦り切れるほど聞いた煌めくBEATLESとWINGSナンバーにクラクラ浮遊感。

BEATLES初期好きにタマラん選曲。シンジラレナイ。

ジョージ形見のウクレレ奏でる Something

へーそんなアレンジと思っていたところにガツンと一発、この日最大級ドラマチックな展開に涙目。

Band on the Run まできてバシッと覚醒。スイッチオン。

歌えや踊れ大合唱の波に揉まれる。

どこを切っても大ヒット金太郎曲、名曲中さらに厳選された名曲であるが故、自分的最大お気に入りが1曲も入っていないことに驚く。

演奏、歌声、体型、70にして衰えナシ。驚愕ノンストップ2時間半。

我が人生に、もはやこれ以上はなし。

オールスタンディング。2年前から始めたジムの筋トレ、すべてはこの日に繋がっていたのだ。