天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

ぼくを葬る

ぼくを葬る [DVD]

冒頭からオゾンの分身であると強く感じる。

マイノリティであっても人類最大の本能、子孫を残す思いは同じ。

身勝手は生存本能。祖母とかわす鋭利な会話は刃の如く哲学的だ。

微々たる充足、寂しくささやかであるが、満ち足りた気持ちに包まれ自然に還る、穏やかな死を自ら見事に演出。

その死に様には強く共感する。