読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

蕎麦屋二想

Img_1035 Img_1036 Img_1037

実家の近所に手打ち蕎麦屋があると聞き、蕎麦好き一家総出で勇んで乗り付けた。

民家の一階を改装、8~10畳ほどの部屋に最大6名、廊下部2名程でおそらく満席になるであろう小さな隠れ家的店舗。

店主ひとりで切り盛りしているため全員同時提供は難しいが、蕎麦が茹で上がった順次々運ばれてくる。

この日は福井と信州の2種。

信州は若干ツルリとした印象、好みは断然福井。

蕎麦の味をしっかり捉える甘みのないつゆは深くおいしい。

お通しと本わさ付き(残れば持ち帰り)2種2枚(皿)¥800、追加¥200~、大人男性であれば2枚ほど追加してちょうどくらい。

ワインを含む色々なお酒も並び、夜は閉店時間を特に設けていないとのこと。

メニューには載ってないが他エスプレッソとソフトクリームあり。

冬季は鴨や柏など鍋仕立てメニューもあるようで大いにそそられる。

http://tabelog.com/iwate/A0303/A030302/3005664/