読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

浅草~スカイツリー観光。

WWE2days興業の合間、久しぶりに浅草周辺のブラブラを満喫。

Asakusa2Asakusa 

浅草仲見世を通り抜けて浅草寺に立ち寄り、少しばかり敷居高そうな老舗浅草今半でランチをいただく。夜メニューには分不相応料理がズラズラ並ぶが、ランチはまあまあお手ごろ価格。百年牛丼、二段重(百年牛丼/ステーキ丼)を注文して待つことおよそ10分。

Imahan3 Imahan

Imahan2

柔らかさといい、上品な見た目味付けといい、普段食べてる牛肉が牛肉なだけにたいへん美味しくいただいた。

浅草寺の横には別館があって、値段はワンランク高いコース料理メインらしいのだが、次回はぜひそちらでも食べてみたい。

子どもたちを両国国技館へ送り届け、友人と待ち合わせて浅草橋にあるオステリアわび助に入店。久々の再会を祝う。

Wabisuke Wabisuke3  Wabisuke2

暑すぎて食欲減退、料理は軽めにチョイス、魚もパスタもさっぱりおいしい。ソフトドリンクがスッキリ美味で何度もおかわり。

翌朝、せっかく間近に見えるスカイツリーをスルーするのも無粋なので昇ることにした。

9時前(オープン8時)ツリー下に到着したがなかなか入り口を発見できず10分程度時間をロス。なんとか4階に辿り着いたがすでに蛇行行列グルグル巻き。しかし目に見えてズンズン前進、30分かからずチケット購入(平日)。

東芝の高速エレベーターであっという間にてっぺん(の手前)到着、その先更に追加料金を払って最上階へ。天望デッキは特に混乱も渋滞もなくスイスイ眺め巡って証拠写真パチリ。

Sorakara

チョイとお土産購入した後コニカミノルタのプラネタリウムも観ちゃえと甘く目論んでいたが、下層商業施設に降りるにつれ人口密度が急上昇、冷静に思考できない程の混乱に巻き込まれ、レジの大行列にハマる。さらに宅配カウンターは1階の遥か遠く、たまたまエスカレーターからほど近い辻口シェフプロデュースの豆ショップで土産のまとめ買いをして他は全て断念。しかしこれが不幸中の大正解、豆菓子はどれも意外かつ斬新な組み合わせで、ことカシュー×オレンジは際立って美味。

Mizoguchi

正午過ぎやっとツリー脱出、浅草演芸ホールへ向かう。

Asakusaengei

ギリギリなんとか二階着席、お目当て ぴろき、ナイツに抱腹、小遊三まで観た後再び国技館を目指す。

国技館のすぐ隣に江戸東京博物館が地味にそびえ、その最上階レストランで早めの夕食をとる。

Tkyohakubutukan

メニューも味もごく普通だったが、テーブル間が広く落ち着いた雰囲気の中他に客もなし、眼下国技館を見下ろしながらしばし暑さと疲れを忘れる。大相撲開催時期は混雑するのかもしれないが、けっこうな穴場。他1階には甘味処とイタリアンの店もあるが、いずれも博物館閉館時刻18時(土曜のみ20時) までの営業なので要注意。

ついでに売店を覗いてみれば、和テイストグッズやら和菓子、榮太郎飴なども売られていて、買い忘れた東京土産を追加購入することができる。

次回RAWの国技館開催も十分想定される。再度この地を訪れるのが今から楽しみである。