読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

クリスマスのフロスト … R.D.ウィングフィールド

クリスマスのフロスト (創元推理文庫)

ゴチャゴチャ込み入ってるように見えるが、実はフロストがドタバタしているだ

けで、読み手側の混乱は一切ない。

むしろ軽い。軽快なので長さが全く気にならない。

フロストは隙だらけのオッサンであり、序盤からすんなり親近感を持つことが

できる。

コテコテのオヤジギャグで緊張弛め、肩の力が抜けたリラックス状態で進行して

いくのでスイスイ読みやすい。

後味スッキリ爽快だったので続編を買った。