天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

ヘイヴン

初回、ただただ濃いめな役者のオンパレードに一抹の不安を覚えたが、回を追

うごと奇妙さが一層際立ち、それぞれかなりの変人ぶりがツボにハマる。

タイトルで毎度目にする主役エミリー・ローズの名前にも毎度ウケるし、最後まで

過去作品を思い出すことができなかったエリック・バルフォーも気になってしかたな

かったし(24、ヘルライド、インハーシューズで見た模様)、地味すぎるネイサンもじ

わじわ株を上げ、結局この町には誰ひとりとしてまともな人間がいないとこ

ろが最大の魅力であると気づく。

S.キング原作コロラド・キッドは読んでいないが、過去映像化された彼の作品中

かなり上位に位置する。

久々のブラボーである。