天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

ヒアアフター

死後、霊能、スピリチュアルを描いてすんなり理解してもらうのは容易ではな

い。

なぜこのテーマか?という疑問は抜きにして、

終始チクチクした違和感こそつきまとうが、引き込む、的確に見せる、さすがイ

ートウッドという印象。

どんなテーマであっても高水準に仕上げるその力量には毎度感服である。

正直テーマに関しては肯定も否定もなくぼんやり遠く感じるが、言いたいこと

はよくわかる。

彼の音楽も変わらずピカイチ、エンドロールの曲に心震える。