天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

ウディ・アレンの夢と犯罪

ロンドン3部作のラスト、犯罪シリーズでもあるんだけど。

身の程わきまえずに成功を深追いし、バランス崩して足下グラグラした人々が織りなす危ういストーリーである。

ウディ・アレンがインタビューで語るように(実はこの特典インタビューが痛快)ユアン・マクレガーとコリン・ファレルの役所がピタリ。

特にコリン・ファレル。メンタルが弱い体育会系がツボ。垂れ眉の使えないヤツという印象だったけど、なんだキミ、ダメ男が出来るじゃない。

結末はあっさり切り捨ててサバサバすっきり。

この三部作の評価は

1.マッチポイント

2.夢と犯罪

3.タロットカード殺人事件

でしょうかね。