天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙 <期間限定生産>

二宮クンがいい。
演技はモチロン荒いのだけれど。すごくいい。
ニューズウィーク日本語版の表紙だって渡辺謙ではなく二宮和也だ。
栗林の完璧な聖人ぶりに加え、押さえすぎの静なる演技も過剰気味なもんで、ついこのどこにでもいそうな若者のほうにこそ!大いに感情を移入してしまう。

…とにかく最初からヤバイ。涙がタラタラ流れてしまううう。。。どこを見てもどのセリフをとっても全てが絶望に直結している史実。それは最後唐突に訪れるものなどではなく、はじめから誰もが確信する犬死にの結末を迎えるためだけに、その島に留まらねばならないという逃れられない不条理。

それにしても恐るべし。クリント・イーストウッド。すでに自分が尊敬する人ベスト10に入っていたが、今回の人種・国境ひとっ飛び作品に感服するあまり一気に上位にランクアップぢゃ。
2005年自己的ベスト1は『ミリオンダラー・ベイビー』。
こりゃすでに今年のベスト3入り確実。
どうかここはひとつ。二宮クンをアカデミー助演男優賞候補にしていただきたいものだ。