読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

THE FALL 警視ステラギブソン シーズン2

ジェイミードーナンはほんの一息で見事ジリーアンダーソンと対等な位置まで成長を遂げた。ふたりとも本当に素晴らしい。端々の役者まで理路整然、隅々まで繊細である。完璧なファッションと身のこなし、冷静かつ明晰な解析で部下から尊敬を集め、強い男ばかりか女性をも惹きつけ…

つながる台所Tane

野菜山菜中心ほっこりやさしい定食。とても美味しく頂いた。無農薬栽培にも取り組んでおられるとか。店内のテーブル椅子、食器に至るまで素朴でレトロ感たっぷり。あたたかい空気感漂い、おひとり様でもゆったりくつろげる。次回カレーと蕎麦を食べてみよう。

ユートピア

ブラックなユーモアでグラグラ均衡を保ちつつ危ない橋をどんどん渡るが、ついに子供を殺人に絡めて一線を越えた。ものすごく刺激的で視覚的にも刺さるがやはり倫理は問われるところ。ラストはよくもやってくれたオチだが、当然シーズン2へと続くらしい。この手のアレにきれいご…

4番目の真実

TVシリーズの棚にポツンとあったトムセレック。初めて目にしたが、調べたらシリーズっぽい。よく言えば古き善き泥臭刑事もの。お年を召されてるので無難路線(無理を強いて痛すぎシュワちゃんスタローンよりずっと潔い)安全経路。バートレイノルズぽいけどずっと田舎臭い(失礼)。

ミニーゲッツの秘密

出だしの甘いロリポップはほんの軽いジャブにすぎなかった。好奇心旺盛すぎたハメはずしまくり女の子の暴走に留まらず。全てがユルかった70年代の設定でなければシルアスな問題作になりかねない危うさを孕む。大人コドモ時期のわけわからん混沌と混乱と悶々はシュールかつリアルで…

要(よう)

http://tonoya-you.com/毎年お盆は遠野へ墓参りだが、この時期全く予約が取れない要。意を決してランチ予約、車で1時間半、友と遠野を目指す。電話で苦手食材だけを伝え、全てシェフ一任。和、中、イタリアン、フレンチならある程度想像もできるが、可能性無限大の創作料理…

トゥルーディテクティブ

HBOはとても野心的である。トゥルー(ふたたび)ブラット同様音楽も映像にとことんこだわり自由と熱気が溢れている。マシューマコちゃんとウディハレルソンのコンビは最強最適にして真剣迫真火花散る阿吽の熱演。毎度お馴染みマコちゃんの過剰すぎる前のめりな役作りと、ウディハレルソンの自…

白い沈黙

幼児虐待組織の罠の深さと狡猾に対峙する術はほとんどないと実感する。結末は奇跡である。ハッピーエンドと捉えることは非常に危険で相当おぞましい。このような蛮行を劇中モンスターと表現するが、獣にも劣るというより、いよいよ人の進化に陰りと歪を見た気がす…

〈5〉のゲーム ・・・ウルズラ ポツナンスキ

オリエンテーリングをGPS版に進化形させたようなジオキャッシングというゲームが軸だが、殺人と宝探しは相性よすぎる。散りばめられたアイテムのキラキラに気をとられどんどん読み進むが、その先待っていたのは期待裏切る定番中定番ラスト。全体に抑制が効いた安全路線で痛い描写に痛…

出口のない農場・・・サイモン・ベケット

イギリスの作家はしっくり感バツグンである。個性派刑事は登場せず、当事者目線で互いの忌まわしい隠し事が並行して暴かれる流れはかなり美味しい。まず刑事の個性ありき、とりまく環境の刷り込みがやたら水っぽく感じていたこの頃。ミステリー読み過ぎ深読みのハラハラを…

マジックマイクXXL

http://wwws.warnerbros.co.jp/magicmikexxl/characters奇しくも直前地上波でホワイトハウスダウンの放映アリ。チャニングのチャーミングな澄んだ瞳としなやかな肉体を拝んだばかり。そのわずか2年後、岩のように改造しすぎた肉体と強調されたエラをひっさげパフォーマンス再び。体が全く…

彼女のいない飛行機・・・ビュッシ・ミシェル

突如知らない人物が割って入る結末はガッカリだし、メロメロすぎる男女事情も甘ったるいフレンチミステリー。謎解きに期待したわけではないが読み急ぎたい気持ちにさせる文体ではある。

ナイトクローラー

http://nightcrawler.gaga.ne.jp/ノーカントリーのハビエルバルデムの次くらい。ジェイクギレンホールがキモイ。倫理モラルを打ち崩す、というよりそもそも道徳観念を持たない非人間モンスター。結局同じムジナの過激中毒ディレクターと相乗し暴走はエスカレート、危うい未来を予見させる。

奪還者

ガイピアースはなぜここまで面倒くさくなったのか。スティーブンセガールのように、リーアムニーソンのように、割り切ることができないらしい。そんな迷いのせいか無駄に作品を積み重ねてきたように思う。こと不良探偵ジャックアイリッシュは呆れレベルの脱力で1話途中より先に進むことがで…

天橋立オイルサーディン

友イチオシお持たせ。もらってうれしい!大好物オイルサーディン!金樽真イワシの綿実油漬け。脂っこさなくてさっっぱり。たたいたガーリック乗っけて醤油をタラリ、缶まんまグリルでグツグツ、ガーリックまで美味ーーーい。もっとタップリどっさり乗せてよかった。鷹の爪、小葱散らしてもグー…

街の鍵・・・ルース・レンデル

殺人事件の謎解きより街にうごめく人の不可解に重きあり。上級お嬢様から下級ホームレスまで人間模様を描くが、語り口が上質なので下流の人物描写が薄い。人間味に深さはないが最後まで飽きずに読める。きれいにまとまって完結、とも言える。http://www.hayakawa-…

東京土産 2016.2.13-14

所用を済ませ土日の青山から新宿に切り込む。ドイツ菓子ノイエス http://www.neues.jp/ブルガリアローズ見た目の華やかさがそのまま味に映り込む。喉に詰まるようなモサっと感もすっかりクセになり。上品なバラのエッセンスがふぁっと鼻に抜ける。クッキー類のホロホロ、むしろこの食感は…

フレンチアルプスで起きたこと

序盤ドキュメント風シリアスな映像とギャグのギャップに戸惑うが、じき狙いが笑い飛ばしにあると気づきシュールなネタを存分楽しめるようになる。当事者の笑えない状況が深刻さを増すほど笑える。カッコイイパパ像崩壊直後はあまりの体たらくに幻滅し誰もが破たんを覚悟するが、それ…

キャロル・・・パトリシア・ハイスミス

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309464169/従来型ラブストーリー観を根底から覆す。若き女性が愛に躓き、自分と回りに厳しい分析と解析を繰り返し人間性を成熟させ愛を昇華させる物語。昔数冊読んだが、濃密な内容と裏腹、ドライ目線と飾らない文体がクールでとに…

真夜中のゆりかご

ついデンマークに反応。おもしろくないことはないが、サスペンスかヒューマンか中途半端。どちらか落とすべきだった。北欧の俳優はかなりいい。主役はゲームオブスローンズでも活躍中(未見)。

チャイルド44森に消えた子供たち

https://youtu.be/88meo_jK_M81950年ウクライナ情勢に気を取られすぎて殺人事件は添え物に。社会主義監視体制の凄まじさだけで十分面白かったが。トムハーディは熟練の演技だったが終盤演出の甘さが出てこじんまりまとまり。バンサン・カッセルは揺るぎなくカッコイイし、ミレニアムのリスヘ…

エレファント・ソング

https://youtu.be/ECCt7-nxuWM主演に徹したグザヴィエドランを観る。演技の力量(様々な役を張れるか)と聞かれたらノー。アクションもホラーもコメデイもラブロマもない。しかし一旦画面に立たせるとその存在感に尻尾を巻く。そういう意味で彼は彼が仕切る作品で最大級の力を発揮…

凍える墓・・・ハンナ・ケント

http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784087606997同性目線で、この文体はかなりカッコイイ。1829年アイスランド。実在した最後の女性死刑囚について。凍てつく気候、風の音、痩せた家畜と大地。火にくべられる糞また糞、窓に張られた魚の皮、気の利いたニューアイテムが情景の奥…

ジョアンズキッチン シャトン

4、5年前の紺屋町時代はメニューから微妙だった。内丸に移転し最近やたらメディア露出度高く、店内も料理の質も別物?に見えたので友とクリスマスランチ\2500。盛りは最近アルアル女子喜ぶビジュアル系だが新しさなし。特色特筆もなし。以前も少し気になったがスタッフに笑顔はなく空気…

マミー

https://youtu.be/OLc9vRvchio今年の映画は大当たりであった。中でもグザビエドランの異彩は突出。このマミーでも無駄のない展開といい1分の隙も遊びも許さない濃密といい、ズバリ核心をグリグリ抉る凶器で希望と絶望両極を突串刺しする様に胸が痛む。怒りや憤りに似…

閉店した天然酵母の小さなパン屋さんが、1年くらい前イートインを併設したお店を再開したと聞いていたが、なかなか行く機会に恵まれずやっと入店。店舗面積はずっと広く、無添加食品が多数並ぶ。パンケーキとオーガニックコーヒー、スープも追加してみた。真っ赤なビーツスープのインパク…

しまなみ土産。京土産。

存分に動き回れないフラストが小爆買い衝動を押し上げたのも事実。サイクルホテルの土産はデザインに特化。美しいコンフィチュール3種は見栄えがいいので配り物に最適。青レモン、黄レモンのコンフィチュール、レモンカードの3種尾道(茶葉はスリランカ)紅茶(ホテルで飲んで美味しかった)を添えて完成形。多田…

2015.11.24 京都

格安航空券の都合で京都舞い戻り。八条口近ホテルが取れたので、アサイチ東福寺へ。紅葉時期拝観時間繰り上げ8:30~しかも連休明けの平日だが、地方の常識など全く通用しないのが京都。観光バス着々、どんどん吐き出され押し寄せる観光客の波また波、警備の方が左側…

2015.11.23 生口島~広島市宮島

計画は大幅変更となり、この日も万全でなかったが乗り物移動に問題なさそうだったのでフェリーと電車を乗り継ぎ宮島へ向かう。広島駅直前なにやら轟く歓声?窓を見ると目の前にマツダスタジアム!が赤一色大盛り上がり。ファン感謝デーだったらしい。元気なら迷わず降車し…

2015.11.22 しまなみ海道 馬島~大三島~生口島(泊)

馬島へ降りるエレベーターと階段。橋下通路前日すこぶる調子よかったので、ひと島くらいチャリに乗れるのではないか?は甚だ勘違い、多田羅道の駅でおみやげ買いあさりレンタチャリ契約直後に眩暈グラグラ~転倒ふたたびを回避する常識だけは辛うじてキープ、金は捨てる決断、ハ…

2015.11.21 .しまなみ海道 尾道~今治~大島~馬島(泊)

橋カッコイーーー海穏やかーーー、絶好のチャリ日和であったが、渋々バスで今治へ向かう。1時間半ほどで着。当初はチャリで産直やみかん畑へ切り込む予定であった。駅前が、、、閑散すぎ。土曜なのに!案内所で教えてもらった名物(?)焼豚卵丼の店も閉まっている?駅で…

2015.11.20 しまなみ海道 広島県尾道

頭部打撲によるふらつきを抱え、大きく計画変更、とりあえず初日宿泊予定の尾道サイクルホテルへ。倉庫を改造し、チャリを部屋に持ち込める、サイクリストのためのホテル。窓下は桟橋クール!とりあえずランチ。本日の魚タモリ(初めて)はパサついた鯛風、丸焼きが少しキツイ。ケーキもよく言えば…

2015.11.19.京都

八坂神社で待ち合わせ。遅れる連絡が入ったので境内ブラブラ、なにやらガヤガヤ人混み、近づいてみると中村鴈治郎襲名口上及び奉納舞踊の披露、わわわ、ものすごーく得した気分。http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/11/19/0008579480.shtml無事合流後…

マッドマックス怒りのデスロード

https://youtu.be/4Krw9BbjzKQあんなに初々しい(頃があった)メルギブソン衝撃の前提ありきではなかなか踏み込めないリメイク。ジョージミラーのノンストップ疾走は小気味よく、魅せる映画としてすこぶる見栄えがいい。トムハーディはオリジナルから完全に分離独立したキャラ、シャーリーズセロンはシ…

ブロードチャーチ~殺意の町

https://youtu.be/zNGobxbskl8衝撃度で言えば北欧に敵わないが、何度もひっくり返し蒸し返し10本引っ張ることなく4本短期解決が嬉しい。最近流行り(か?)の変顔ズラリ。後半重要ワードを繰り返しダメ押した時点で犯人判明。ひと声で足りたのに。残念。シリーズとして…

マジック・イン・ザ・ムーンライト

今回ウディアレンの捻くれと皮肉を代弁するは英国王コリンファース。この人に任せときゃ安心安全安定パイ。アレンに足りない「それでも余りあるステキな魅力的純真」まで加味してアレンを再現。エマストーンは常に淡柔らかい服(センス抜群)を身に纏い妖精のように愛らしい。恋の気づきと駆…

ガール・オン・ザ・トレイン

相当比較されているゴーン・ガールよりコチラの方が好感高し。アチラは視点が転換した後半冒頭の衝撃が最大のピーク、病的要素過多で少々やりすぎ感があった。コチラは実際あっておかしくない隣の芝生レベルだが中断したくない切迫度はずっと上。重要アイテ…

新車の中の女

調子に乗って新訳ふたたび、1966年ビンテージしかも少々苦手なフランスミステリー。コトが複雑すぎて途中怪奇やSFに転じる?不安に駆られる。結局終盤、犯人より動機、計画、犯行について長々解説を聞かされるハメになるが、このように全てを説明しなければ納得できない結末…

オン・ザ・ハイウェイ

登場人物たったひとり。トムハーディはキッチリやり遂げた。崖っぷちに追い込まれた有能な現場監督が、運転中間断なくかかってくる電話に応対し瞬時に答えを絞り出す、ある意味パニック映画。同時進行する仕事と私生活最大のピンチを、培ってきた手腕と手際よさで手探り前…

フォックス・キャッチャー

かなりフィクション性が強いらしいが、やはり映画は魅せてナンボ。そういう意味で完成度は高くドラマチック。金では決して手に入らないもの、大富豪のもとに生まれなくてよかった仕立て。マークラファロがとても素晴らしいが、あのマジックマイクがゴリゴリのイモ兄ちゃんを演じ…

まるで天使のような・・・マーガレット・ミラー

驚いた。面白かった。すごく。発掘された名作。1962年作の新訳だが、古さは微塵もなく。展開も登場人物にもまったく臭みなし。探偵登録証を持つクインは序盤だらしないが、抜群のユーモアと人情と誠実と情愛を備えており、彼自身まっとうな軌道に向かう描写も率直で…

ミンコット荘に死す・・・レオ・ブルース

少年の助手が手伝ったり茶化しがあったり、毒殺描写はあるがストーリーに毒なし。 途中これは青少年向けミステリーなのか?疑うほど気取っている。 あまりにも英国的正統派とでも言えばいいのか、上品が書評高位に直結した、自分にとって望まない落とし穴的作品。

約束の地

アレだ、と思って借りたものがとんだ勘違い。この広大な荒野がどこなのか(後調べてパタゴニアと判明)、どこを目指しどこへ連れて行かれるのか、男と共に彷徨うこととなり臨場感2割増し。音楽はほぼ使用せず、見えるまま草木を揺らす風音、足音などが放浪の先の漠…

ラブストーリーズ エリナーの愛情

エリナリグビー(!)コナーに劣らずエリナーの繊細。ラストがわかっているので、深い悲しみから距離を置く努力と前進する数々の試み、愛の形態が昇華する様を静かに見届けるのみ。接し方に悩みながら精いっぱい寄り添いケアする家族や周囲の愛にも変化が現れ。コチラも美しすぎる…

声・・・アーナルデュル・インドリダソン

なんとなく戻ってしまう北欧。アイスランド。殺人話を読んでいつか行ってみたい気持ちになるのも変な話だが、コレ真。憧れ。シンプルな人間関係に無理はなく。ものすごく洗練された感じもなくてすっと馴染む。家族や人間関係、社会の歪とか万国変わらないお…

デス・コレクターズ・・・ジャック・カーリィ

海辺に住む刑事は穏やかでカッコよさげ。文体もサラサラ乾いた手触り。殺人に絡む異常系人物はゾロゾロ出てくるが、むしろ良識抜け落ちた病的コレクターの狂気に気を取られる。ある意味、金を出せば集められる普通のコレクションに飽きた挙句の金持ち病とも言える。強烈なインパクト…

ラブストーリーズ コナーの涙

コナーの立場エリナー目線の2本仕立て。先ずはコナー。恋バナ5本秀レベル。原因は誰にもなく、なぜ?とか、理解できないことはひとつもない、失ったまま二度と元にもどらない輝きの日々、細い炎が消えそうになったりちらちら瞬いたり、ただただ成り行きを見守り…

ビッグ・アイズ

ケチなペテン師ヴァルツ!そしてウブなエイミー・アダムズのふたりは息もピタリ(柔軟)文句のつけようなし。心配の種はティムバートン。ファミリーと決別?足を洗ったのか?一体この先何処へ向かうのか?方向性も力配分もかなり不透明。得意じゃない不慣れなジャンル。それなりに仕上がってい…

ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション

https://youtu.be/ES8oe8PJF6Aレディースデー&レイトショーに誘われお付き合い鑑賞。どーしよーもなく橋田壽賀子劇場。ファミリー(仲良しメンバー)とファミリー(熱狂的支持者)が固く結託したお約束納品。友情と根拠なき信頼を糧に悪党と対峙する世界観がありえない程ネバーランドすぎて…

THE GAME

http://kadokawa-d.jp/lineup/theGame/cast_staff.htmlさすがイギリスBBCお目が高い。ただのバーバリーモデルにとどまらないトムヒューズ君を主役に据えて大正解、跳躍のニオイぷんぷん。ストーリーは冷戦時代の騙し騙されスパイ合戦だが、古い時代臭となぜか緩いエピソードが差し込ま…