天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

映画・テレビ

ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション

https://youtu.be/ES8oe8PJF6Aレディースデー&レイトショーに誘われお付き合い鑑賞。どーしよーもなく橋田壽賀子劇場。ファミリー(仲良しメンバー)とファミリー(熱狂的支持者)が固く結託したお約束納品。友情と根拠なき信頼を糧に悪党と対峙する世界観がありえない程ネバーランドすぎて…

THE GAME

http://kadokawa-d.jp/lineup/theGame/cast_staff.htmlさすがイギリスBBCお目が高い。ただのバーバリーモデルにとどまらないトムヒューズ君を主役に据えて大正解、跳躍のニオイぷんぷん。ストーリーは冷戦時代の騙し騙されスパイ合戦だが、古い時代臭となぜか緩いエピソードが差し込ま…

インヒアレント・ヴァイス

https://youtu.be/W2T32y8zy-oどれが適役か全く読めないほどホアキンは多彩だ。ダニエルデイルイスと気質が似ている。がしかし、ダニエルなら絶対この役を引き受けない。つまり彼の振り幅はより広範ということになる。元カノに引きずられっぱなしのヒッピー探偵がハッパ吸いながら…

ニンフォマニアック Vol.1

鬱三部作その3フっっツーの映画館で上映可の不思議。ハードコアポルノとの違いはトランスフォーマーのシャイアラブーフ君やクリスチャンベイル他名だたる面々が真剣に取り組んでいるあたり?どこまでポルノに特化し、境界線ギリギリ極限に挑むつもりか見たくもあり心配でもあり。いかに幼少時からエ…

わたしはロランス

https://youtu.be/zDI4wbUKYh4 より深く。より鮮烈。そこらの恋愛ドラマを根底から覆す。まさに男女枠を超えた異次元の恋愛時代に突入したと痛感。ロランスとフレッド、3シーズン(オマケ1)が描かれる。よってかなり時間オーバー、このシーズン3が芳醇で絶品で泣ける。同じ価値、同…

ユー・ウォント・ミー・トゥ・キル・ヒム

久々のブライアンシンガー(製作)漫画のようなホントの話。高校生がここまでやるか?と驚く。これほど深い病みが放置される不安はぬぐえない。

まぼろし

つい観そこなった。オゾン初期作。当然スイミングプールの頃よりランプリングはずっと若く。同年代の女性より現実離れした妖艶美が漂う。長年連れ添った夫の失踪による深い喪失感は現代においてなかなか共感し難いが、義母との確執や軽い男のやりとりが抜群のリアリティーを醸…

マイ・マザー

平に感服ス。19の若さで。今この時代に。母と息子、それぞれの未熟さが招く衝突を真正面から完璧に捉え。強烈な美学と哲学を感じる。この才能は紛れなくホンモノ、先の作品が待ち遠しい。決して偏見ではなく。ゲイの監督は容赦ない鋭いキレと深い闇を見据える眼力を…

胸騒ぎの恋人

若干20歳でこの水準、グザヴィエ・ドラン恐るべし。若々しく青臭い三角関係の激しい揺れを鮮明リアルに描き、追い込まれていく心情奥ヒダを細やかな演出で表現。無意識に?その気にさせる麗しき金髪巻き毛ちゃんの罪深い仕草、抗えず狂おしく恋焦れ嫉妬に駆られる滑…

特捜部Q 檻の中の女

https://youtu.be/pi-U-ac88loドラゴンタトゥーのスタッフによる映画。北欧のやり方は肌にしっくり。が、TVシリーズで十分よかった。かなり以前原作を途中放棄した経緯あり、どこかで見た感ちらちら、目を見張るショットにこだわらない傾向そのまま、ある程度話が見えてしま…

トム アット ザ ファーム

https://youtu.be/edzc97otA2g「美しき天才」の称賛に偽りなし。深く感銘を受けた。3球全て直球ド真ん中に放る若さと潔さ。監督兼主役でなければこの瑞々しさは表現しきれない。類稀ケース。支配される不安不吉不穏に羽交い絞めされたまま凝視。過去作品全てチェッ…

インターステラー

久々にコッチ系観ました。突き動かしたのはマシューマコちゃん。まさかこの域まで到達するとは。予想をはるか凌ぐ演技魂。ひとり勝ち。SF部門に関しては可もなし不可もなし。マコちゃんの強靭な力技で一気に押し切られる。むしろそれが全て。見る価値あり。これだけゴーシ…

ジュピター

https://youtu.be/R7eOOHEsaS0 フラっと映画館へ。 公開初日だが入りは1/4くらい。 名作マトリックスから屁理屈とダーク色抜けばこーなるか。 梵帳なストーリーかつ2Dとなるともう可もなし不可もなし。 のハズだがアラ不思議、 一旦彼ら(姉!弟)の手にかかれば浅い内容も簡潔簡…

FRANK フランク

感性に訴える技法にとりたて目新しさはないが、ほぼマイノリティでピュアに生きる人々のはかなさともろさをふんわり泡立て、軽めお洒落なデザートに仕上がった。 このような種と俗物は決して交わることはなく、ガラスケースに入れそっと見守る以外手段はない。

ジゴロ・イン・ニューヨーク

http://youtu.be/Kmdje2sTPeQ タトゥーロとウディアレンの傾向は酷似している。 ウディアレンの出演でアレン色は一層深まり識別できない程である。 ユダヤ教を絡ませエロいジゴロと純愛双方両立させる難しい設定を説得し納得に成功。違和感スッキリ取り払ったうえで大人の恋をライトにホロホロ…

スキャンダル シーズン1

黒人女性を主役に据えただけでも大いなる賭けであったが、負け知らずの敏腕フィクサーに加え白人大統領の愛人という設定でグンとハードルを上げて挑むケリー・ワシントンには多大な意気込みと努力の痕跡を見ることができる。 直視してくる瞳は美しく周りが霞むほど強いオーラを放…

ブリッジ シーズン2

シーズン1の呪縛を引きずったまま新たな事件突入。 デンマークとスウェーデンをつなぐオーレンス橋の夜景は長く暗く冷たく美しい。 人格障害気味のサーガ、魅力的で女にだらしないマーティンは無論、登場人物ひとりひとり細部まで丁重に描かれており、必要以上感情移入してしまうが決…

ゴーン・ガール

http://youtu.be/aq8X4FUMvKo 限りなく原作に忠実。 展開を知ってはいるがディテールや演技ばかり気になる。 的確だが小ぢんまり、ストーリ自体の衝撃以上に仕掛けはなく、主役ふたりもイマイチ浅い。要は人物像が薄っぺら。イチバンのガッカリは後半衝撃的に急転する妻優位の…

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

http://youtu.be/nUQOhKYgKME 音楽好きにはドンドン響く。 オーブラザーでブチかました兄弟の音楽センスが光る。 歌は撮影中のナマ取りという点からみてもオスカー・アイザックは相当上手いね。 ジャスティンは金になる商業音楽代表としていい味出してたけど段違い。 歌詞にも曲にも力…

THE FALL 警視ステラギブソン

さすがBBC。ディテールに執拗にこだわる繊細な脚本が際立ち、受け手俳優陣も北アイルランドの背景もすばらしい。 近年TVシリーズのキャラ最高位。 X-ファイルのスカリーことジリアンアンダーソンが滅茶苦茶クール。現場で見かけたイケメン刑事をホテルに呼びつけ、以前関係を持った上司は骨抜き、水…

ハンニバル

羊たちのレクター、若き日の物語。 マッツはピタリ。及第点以上。 グイグイ押しの強さはないので間を開けジワジワ観てかまわない。 しかし回を追うごとエグ味が増すので奇天烈な残虐が苦手な方はご遠慮願いたい。

昔々、アナトリアで

表面上ギャグともとれるセリフの端々に各々の問題が見え隠れするが、進行するにつれけっこう深い部分を突いてくる。 天使のように美しい娘も結局辺鄙な村で朽ち果てる。件はよくよく無常を指していて感心した。 家なき丘を数十キロも縫って走る舗装道路や素朴な住…

ワールズ・エンド

途中方向性が変わるまでそこそこ面白かった。 後半またこのパターン?に少々うんざり。 ハングオーバーの方がずっと愉快。

ジャージーボーイズ

http://youtu.be/toarcsqfrl4 ストーリーは想像以上ではないし、ドラマチックな演出もないが、 フランキーヴァリ役ジョンロイドヤングの憂いに満ちた表情と豊かな歌声に金縛り、それ以外なにもいらない圧巻。 フォーシーズンズ キラッキラの名曲シェリー、恋のハリキリボーイ、恋はヤセがまん、そしてヴァリ、…

ブルー・ジャスミン

http://youtu.be/qQYXSUiyVNg セレブと無一文のギャップは強烈な軋轢を生じ、染みついた贅沢と高慢とプライドを振り払うことができず人生は転がり落ちてゆく。 ウディアレン特有のガス抜きがなければ、最初から最後まで痛すぎて正視に絶えない。 そもそも素がセレブ美人のケ…

マッド

http://youtu.be/oPXHwFbjJQI ポスト スタンドバイミー。などと侮るなかれ。教養も金もない田舎者が安っぽい女に愛を貫く、傍から見ればゴミのような話である。 フツーの映画であれば好評価であろう少年たちも、マシューマコちゃんの迫力の前ではすっかり霞み、まるで一人芝居…

17歳

17歳ラインは今も昔も変わらずオトナコドモの境界であり不安定極まりない。ぽい。 フランス語のセリフと歌はアンニュイ。 ものすごく定石でオゾンらしいシニカルで斜に構えた感もなくアレ?と思う。 迷える10代の秀作は多く、その域にはない。 とはいえ主役は誰の目にも美しい。 http://y…

キャッスル シーズン4

恋の行方に支障がでるんじゃない?程、キャッスルの体型がジワジワ巨大化、 そーゆー意味でホッと一息つけたシリーズ。 おかげで一層安定感と安心感が強固なものとなり、末永く続いてほしいシリーズに昇華。 益々のご発展をお祈りしたい。

キリング シーズン3

尺は前作の半分、間延び感なく濃密。 主役サラの致命的性格の欠陥により、またもやプライベートな幸福を自ら叩き落とし。 ラストシーズンにありがち理想的エンディングを拒み、つづく感満載の余韻は苦し。 私人として失格だが刑事の嗅覚は一級、仕事において男女間の境界なき…

Life シーズン2

ダミアン・ルイスが一層グレードアップ。けっしてマッチョではないが細身に締まる。癖ありすぎる顔は忘れ難く、人物像は謎めいて深い。 次期007ボンド適任と思える。

ブラインドネス

前述、白の闇、の映画化。 原作をうわべなぞっただけの脚本、難易度高い盲目の演技ができない俳優、退屈な映像、全て原作台無し。 中盤以降友人から伝授された2倍速鑑賞。苦痛恨の極み。

アメリカン・ハッスル

ショボい詐欺師が囮捜査に組み込まれ、二転三転転がりながら危ない橋を渡りきった実話らしい。 クリスチャンペールの9:1、ブラッドリークーパーのチリチリ、ジェレミーレナーのぶ厚いリーゼント、3人の髪型が人物を象徴していて笑う。 三角関係やら野望やら汚職やら、死ぬのは奴らだ他70年代ミ…

グランド・ブダペスト・ホテル

http://www.foxmovies.jp/gbh/ 善き人を助け手加減する術を持ち、正義感あふれていた古き良き時代。 悪者すら憎めない。 回想はサイレント映画のようにシャキシャキスピーディに進む。 内容は濃いが重さはまったくない。 ウェスアンダーソンはスゲーいい奴なんだと思う。 ロイヤルテネンバウム…

恋するリベラーチェ

http://youtu.be/k3lw7OYDx-4 マットデイモンは苦手だ。がしかし、聖子ちゃんカットのバンビちゃんは実にキュート。むしろコッチがずっと向いている。 マイケルダグラスもしかり。コワモテより寂しんぼの笑顔がずっといい。 さらにはロブロウの出現に仰天。ぶっちぎりのインパクト。願わくばも…

Life

ダミアン・ルイス。マックイーンそっくりだがナント英国人である。 他愛無い話だが、彼はなかなか芸達者であり、ストーリーを追うというより彼の演技に魅せられる。マックイーンよりずっと表情せつなく表現力豊かだ。 鳴り物ホームランドは観ていないが、おそらく渋く光っていたことだろう。 …

アウトロー

http://youtu.be/C5cP2YtUUqg ニコラス・ウィンディング・レフン製作 スタイリッシュでクールな非日常を描いたドライヴ、オンリーゴット系ではなく、 冒頭実話に基づくとあり、リアリティ溢れる売人の綱渡り的日常がハラハラ綴られる。 がしかしプッシャーまんま。である。 あれほどイカした映…

危険なプロット

現在までのオゾン作中、最高評価。 文才なき国語教師が教え子の実況作文にのめり込むさまを描く。 核となる映像と共に語られる作文がとにかく秀逸。 密かな覗き、しかけた罠の告白、他人の日常に潜り込み冷静かつ辛辣な分析をする、かと思えば少年らしい欲望と…

ブリッジ

アメリカドラマの行き止まり閉塞感をぶち破ってぶっちぎり北欧は勢いに乗っている。 主役はヒーローあるいは浮いたり突出した目立ち感がなく、個性だったり欠点がよく見渡せる。 ずっしり重しが乗っかってる加圧感が心地よい。 それにしても下半身の露出(ぼかしまくり…

オンリー・ゴッド

http://youtu.be/bWITBXgM1RA ドライヴのレフン&ゴズリング君ふたたび。 タランティーノから全ギャグ削ぎ落とした必殺処刑人ですが。 どちらも文句のつけようなしオーライ。 超人ちっくなタイ版ダニー・トレホが切り落としたり突き刺したり、 カラオケったり。 鮮烈な色彩にこだわり、徹底…

マジック・マイク

ソダーバーグがスタイリッシュを魅せる。 イケメン+肉体美、ダンスだけでも楽しいストリップ、マシュー・マコちゃんの意外な一面もヒューヒュー楽しめる。 完成度の高いダンスパフォーマンスも含め主役当人ほぼ実話とか。 かなりスカッと好みの部類。

トップ・オブ・ザ・レイク

うわー懐かしピアノ・レッスンのジェーン・カンピオンによるミニTVシリーズ、ニュージーランドミステリー。 すっかりご無沙汰ホリー・ハンターも年を重ね貫禄の登場。 主要人物すべてワケアリ。どんより濁って暗くて重い。 まったく甘くない。は基本的に高評価だが、コドモ相手の犯罪に憤る捻りも斬新も…

ゼログラビティ

http://i1.ytimg.com/vi/8v7hAYyZdOA/default.jpg 3Dメガネ装着鑑賞。 冒頭の宇宙空間は楽しく体感。しかし、ドッカーンガリガリバリバリな緊迫場面に気を取られ、立体感めっきり剥がれる。或いは慣れ。結局サンドラは絶対女王シガニーウィーバー超えならず。おセンチだしエンドハッピー…

ジャンゴ 繋がれざる者

タランティーノですもの。間違いなし。 なんと言ってもヴァルツ様。まったく非の打ちどころなし。 ジェイミー・フォックスも初々しさを残しながらシャイに熱演。 しかし。やはりレオ様。 何か肝心なものが足りない。流れ乱して違和感抱かせる怪訝キャラという設定なら正解だろう。 歯の作…

The We and The I

エターナルサンシャイン、僕らの未来へ逆回転、など独特の旋律奏でるミシェル・ゴンドリー最新作。 学期を終えたハイスクールの悪ガキをギッシリ詰め込んだバス内で繰り広げられる爆裂青春劇。 秩序もルールもないバカバカしい若さは起承転結もなく破天荒だが、眺め続けて全く飽きない。 そもそ…

ローマでアモーレ

果たしてウディアレンは生き急いでいるのか。饒舌は加速の一途。 正味1時間半に全く関連のない4種の食材を、的確かつ迅速な包丁さばきで洒落たコースに仕立てるあたり、もはや神業。 ピリ辛で苦味もある料理は、何度食べても新鮮な驚きに満ちた独特創作料理。 しかも…

メンタリスト シーズン4

レッドジョンさえ気にしなければ、ユルユル楽しい。 だらしなくルーズでもやっぱり甘すぎるサイモンベイカーが拝める。 今回もカールした金髪と睫毛がくすぐったい。 それがすべて。

キリング

スウェーデンに続きデンマークいただきました。 前半はタメと思わせぶり無意味なショット乱用で、アメリカの教科書には絶対あり得ないゴタゴタモタモタぶりに多少イラつきますが、5、6巻あたりからどんどん精査され勢いに乗ってきます。 終わってみればこんな誤認連行連発で引っ張るのも…

マーサ、あるいはマーシー・メイ

エスカレートするカルトと深い洗脳と終わりなきフラッシュバック、 典型的な狂気の行進である。 脳の奥まで入り込んだ菌を完全除去することは不可能なのだろう。 一度思考を他人に委ねてしまうと、己の力でコントロールする能力が退化、舵取り不能となって魂は生涯彷徨い続けるのだ…

ザ・マスター

ダニエル・デイ・ルイスに近いホアキンがものすごい。 ダニエルは演技者として非の打ち所なしだが、ホアキンは素から魅力がほとばしる。 巧者フィリップ・シーモア・ホフマンの執拗な絡みによる緊張の継続、演技バトルの緊迫したせめぎ合いに巻き込まれる。 役者が柔であれば理屈と退屈にまみれた…

ぼくを葬る

冒頭からオゾンの分身であると強く感じる。 マイノリティであっても人類最大の本能、子孫を残す思いは同じ。 身勝手は生存本能。祖母とかわす鋭利な会話は刃の如く哲学的だ。 微々たる充足、寂しくささやかであるが、満ち足りた気持ちに包まれ自然に還る、穏やかな死…