読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

ミニーゲッツの秘密

出だしの甘いロリポップはほんの軽いジャブにすぎなかった。好奇心旺盛すぎたハメはずしまくり女の子の暴走に留まらず。全てがユルかった70年代の設定でなければシルアスな問題作になりかねない危うさを孕む。大人コドモ時期のわけわからん混沌と混乱と悶々はシュールかつリアルで…

マジックマイクXXL

http://wwws.warnerbros.co.jp/magicmikexxl/characters奇しくも直前地上波でホワイトハウスダウンの放映アリ。チャニングのチャーミングな澄んだ瞳としなやかな肉体を拝んだばかり。そのわずか2年後、岩のように改造しすぎた肉体と強調されたエラをひっさげパフォーマンス再び。体が全く…

真夜中のゆりかご

ついデンマークに反応。おもしろくないことはないが、サスペンスかヒューマンか中途半端。どちらか落とすべきだった。北欧の俳優はかなりいい。主役はゲームオブスローンズでも活躍中(未見)。

マミー

https://youtu.be/OLc9vRvchio今年の映画は大当たりであった。中でもグザビエドランの異彩は突出。このマミーでも無駄のない展開といい1分の隙も遊びも許さない濃密といい、ズバリ核心をグリグリ抉る凶器で希望と絶望両極を突串刺しする様に胸が痛む。怒りや憤りに似…

マッドマックス怒りのデスロード

https://youtu.be/4Krw9BbjzKQあんなに初々しい(頃があった)メルギブソン衝撃の前提ありきではなかなか踏み込めないリメイク。ジョージミラーのノンストップ疾走は小気味よく、魅せる映画としてすこぶる見栄えがいい。トムハーディはオリジナルから完全に分離独立したキャラ、シャーリーズセロンはシ…

マジック・イン・ザ・ムーンライト

今回ウディアレンの捻くれと皮肉を代弁するは英国王コリンファース。この人に任せときゃ安心安全安定パイ。アレンに足りない「それでも余りあるステキな魅力的純真」まで加味してアレンを再現。エマストーンは常に淡柔らかい服(センス抜群)を身に纏い妖精のように愛らしい。恋の気づきと駆…

ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション

https://youtu.be/ES8oe8PJF6Aレディースデー&レイトショーに誘われお付き合い鑑賞。どーしよーもなく橋田壽賀子劇場。ファミリー(仲良しメンバー)とファミリー(熱狂的支持者)が固く結託したお約束納品。友情と根拠なき信頼を糧に悪党と対峙する世界観がありえない程ネバーランドすぎて…

まぼろし

つい観そこなった。オゾン初期作。当然スイミングプールの頃よりランプリングはずっと若く。同年代の女性より現実離れした妖艶美が漂う。長年連れ添った夫の失踪による深い喪失感は現代においてなかなか共感し難いが、義母との確執や軽い男のやりとりが抜群のリアリティーを醸…

マイ・マザー

平に感服ス。19の若さで。今この時代に。母と息子、それぞれの未熟さが招く衝突を真正面から完璧に捉え。強烈な美学と哲学を感じる。この才能は紛れなくホンモノ、先の作品が待ち遠しい。決して偏見ではなく。ゲイの監督は容赦ない鋭いキレと深い闇を見据える眼力を…

胸騒ぎの恋人

若干20歳でこの水準、グザヴィエ・ドラン恐るべし。若々しく青臭い三角関係の激しい揺れを鮮明リアルに描き、追い込まれていく心情奥ヒダを細やかな演出で表現。無意識に?その気にさせる麗しき金髪巻き毛ちゃんの罪深い仕草、抗えず狂おしく恋焦れ嫉妬に駆られる滑…

昔々、アナトリアで

表面上ギャグともとれるセリフの端々に各々の問題が見え隠れするが、進行するにつれけっこう深い部分を突いてくる。 天使のように美しい娘も結局辺鄙な村で朽ち果てる。件はよくよく無常を指していて感心した。 家なき丘を数十キロも縫って走る舗装道路や素朴な住…

マッド

http://youtu.be/oPXHwFbjJQI ポスト スタンドバイミー。などと侮るなかれ。教養も金もない田舎者が安っぽい女に愛を貫く、傍から見ればゴミのような話である。 フツーの映画であれば好評価であろう少年たちも、マシューマコちゃんの迫力の前ではすっかり霞み、まるで一人芝居…

マジック・マイク

ソダーバーグがスタイリッシュを魅せる。 イケメン+肉体美、ダンスだけでも楽しいストリップ、マシュー・マコちゃんの意外な一面もヒューヒュー楽しめる。 完成度の高いダンスパフォーマンスも含め主役当人ほぼ実話とか。 かなりスカッと好みの部類。

メンタリスト シーズン4

レッドジョンさえ気にしなければ、ユルユル楽しい。 だらしなくルーズでもやっぱり甘すぎるサイモンベイカーが拝める。 今回もカールした金髪と睫毛がくすぐったい。 それがすべて。

マーサ、あるいはマーシー・メイ

エスカレートするカルトと深い洗脳と終わりなきフラッシュバック、 典型的な狂気の行進である。 脳の奥まで入り込んだ菌を完全除去することは不可能なのだろう。 一度思考を他人に委ねてしまうと、己の力でコントロールする能力が退化、舵取り不能となって魂は生涯彷徨い続けるのだ…

ムーンライズ・キングダム

箱庭のような島、ドールハウスのような家々を背景に、 12歳のはみ出し者ふたりの駆け落ち劇。 ブルース・ウィルス、エドワート・ノートン、カーラ、子どもたち、ビル・マーレイ以外皆可愛い。(司令官がハーヴェイ・カイテルと気づかず驚く) ウェス・アンダーソンの作品は全体緩く見えるが、締めるべき要所(セリフ…

ムースの隠遁

棘がプツプツ突き刺さったアンニュイ。 オゾンのケーキは見目麗し完璧レシピなのだが、あちこち意図的に仕込んだ酸味や苦みのせいで、単純にケーキと呼べないものに仕上がっている。 セリフは鋭利でスッと刺さり、時折捻られ、後半じんわりボディに効いてくる。 もしか?結末ビンゴが…

メンタリスト サードシーズン

チームの呼吸ピタリ。一番脂が乗ってる時期かも。 変わらずゲロゲロやグログロのないソフトで良心的殺人事件が心地よい。1話1話ほのぼのしながらの最終話、いきなり急ハンドル急発進、車から突き落とされて置き去り。 モチロン続くわけですが、この後の展開の妄想が頭の中をグ~…

ミッドナイト・イン・パリ

ウディ・アレンのピュアとオーウェン・ウィルソンのピュア。 あまりのロマンチックにクラクラ目眩。 情熱的でありながら決して流されないニューヨーカー的スマートさに焦がれる。 年を重ねてなお熱意褪せることなく真剣に人生や恋を語るその姿勢は目指すところでもある。 ウディ・アレンは最近自身の小うるさ…

メランコリア。

これっぽっちの容赦もないラース・フォン・トリアー作中、軽めで難易度低い内容であった。 しかし掘り下げは十分、監督本人を悩ます鬱のだるさを余すことなくリアルに描いている。 キルスティン・ダンストなかなかやるじゃん、だったし、24の残像を見事払拭できたキーファー・サザーランドは幸…

メンタリスト セカンドシーズン

ファーストシーズン以上滑らかにグイグイ波に乗ってきたカンジ。 1話完結する事件の展開は軽妙でとても見やすい。 しかしながらレッド・ジョンの件になるとあまりにも浮世離れすぎて急激に興ざめる。 レッド・ジョンにさっさと片を付け、横関係だけ残した完全1話解決事件としたほ…

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

シリーズ中一番おもしろかったかも。 今回危なっかしい人物投入で、キンキン緊迫した場面をユーモアで弛ませ、良 い意味で余裕綽々、幅広がった感あり。 まあ007同様そこそこ。ハズレなし。が売りなんだけど。 キザなラスト決めゼリフが久々大アタリ。 今回悪役にミレニアムのミカエルを…

マチェーテ

ブラボーブラボー。ロドリゲス。 ダニー・トレホとにかくカッコイー どこが? 答えはジェシカ・アルバの「本当に紳士なのね」にあり。 そう。このメキシコ劇は西部劇のオマージュ。 かつての保安官(連邦捜査官)がガンとマチェーテで悪い奴らに復讐する話であ る。 テキサスとメキシコ国境を舞台に、パツンパツン…

ミレニアム3眠れる女と狂卓の騎士

小説を置き去りに、見てしまった。 結末を知った上で読み直す類の小説ではない。しかたない。 1も2もダークを貫いていたのに、3にきて急転、悪に鉄拳、白日の下に曝け 出す、正義を翳す、みたいな展開、モチロンそれでいいんだけど、まん丸に収 まりすぎてモゾモゾ…

ミレニアム2 火と戯れる女

どーも波長がズレる。つーか、リズムが狂う。つーか、前作の緊張感と勢いは 一体どこへ?と思ったら監督替わってんじゃん!ビックリ! 原作読まずに観たら旨味成分や隠し味がわからないんじゃなかろうか? そもそも人間関係及び個人情報が多すぎて、2時間枠に詰め込…

マイレージ、マイライフ

サンキュー・スモーキンにアーロン・エッカート、マイレージにジョージ・クルーニー、ハズレであろうはずがない。 アーロンもクルーニーも役者としてワンランク上、というイメージを裏切らない。 脚本と俳優がお互いの株を持ち上げる理想的な映画。 お約束サム・エリオットの登場もなんだか嬉しい。 路線も流れも同じペース…

ミレニアム

小説より先に観てしまったー。 スウェーデン映画を侮ってはいけない。これがなかなか、見せてくれる。 終わって2時間だったことに気づく程、もっと長くてもかまわない程、おもしろい。 ストーリーに力があり俳優陣もそれに誠実に応えている。 やさしさをやさしく、硬質…

マイ・ライフ マイ・ファミリー

認知症の父を抱える中年兄妹の話である。 内容が硬質で役者も地味に徹し注目度は低いが、共感度はかなり高い。 学者肌の秀才演じるフィリップ・シーモア・ホフマンはピカイチ。 自分を過大評価したがり等身以上でありたがる妹役ローラ・リニーも負けず劣らず。 この妹が殊更よく描か…

マンマ・ミーア

ABBAの名曲が台無し。 そもそもメリル・ストリーブ他、揃いも揃って歌も踊りもダメな人達がなぜ?ミュージカルか??意味がわからない。 ビアース・ブロスナンのヘッッッタクソな歌にはホント頭抱えた。 美しい島の風景←これすら美しく撮れてない、で誤魔化そうなんて許せない。 オトモダチ同士のお…

ママ男

ジョン・ヘダーくん、 徹底的変人からソフト変人へ、完全に路線変更。 見た目イケてるし、好感度が格段UPしている。 しかもコッテコテのホームドラマで、これまた守りに入ったダイアン・キートンが母であればキチンと収納されてナンボの類。 このまま丸く収まってしまうのは惜しいし誠寂しい…

Mr.ブルックス

持って生まれた殺人癖がある男。 TVシリーズ、デクスターもそんな話であった。 確かにおもしろかった。 髪と共に消えちゃったと思っていたケビン・コスナー。 髪と共に見事復活。 しかし目や口元の過剰演技がものすごく気になってしょうがない。 それとデミ・ムーアの皺一つない…

マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶

モッチロン大好きなヒト。 しかし記録映画としての出来はイマイチだなあ。 想像通り私生活でもマッタク気負わない人だということがわかったくらい。 ラストのキスキスキスキス写真の連写もガッカリ。 我がベスト10に確実ランクインしてる“黒い瞳”を観た方がよかった~。

ミセス・ハリスの犯罪

富と名声をひっさげ女性にモッテモテな独身医師と。 野心とバイタリティ溢れる離婚歴アリ女性の。 殺人に発展するほど愛憎ほとばしる過程と攻防。そして実話。 熟年の域になってなお若い女に嫉妬し、結婚に向かない男にしがみつく女の哀れ。 こうなってはいけません。こ…

ミスト

キング作品の映画化は色々な意味でムズカシイが、コレはまあかろうじて成功の部類。 比較的映像化し易いショーシャンクやグリーンマイルでしっかりキングの信頼を得たフランク・ダラモンはモンスターをも無難にまとめて乗りきった。 しかし。キングファンにとって原作そのものがすでに食傷気味。 虫系…

燃えよピンポン。

デフ・レパートかぁ…。まあいい。カンフーまがいも。恋も。シモネタも。イマイチ。そもそもピンポン試合に見せ場がない。予告編ジャック・ブラックが本編食いまくり。

街のあかり

敗者三部作っていうネーミングがチョーウケる―。真面目。女に誠実。具体性と努力を伴わない上昇志向。限りない孤独。ミッキー・ローク似のコイスティネンの三流ぶりがマコトにイイ。身の程を知りやさしさに折れる姿に。同時に安堵する。やはり『レニングラード・カウボウイ』買うことにすっか―

ミランダ

パッケージがエロエロだったのでチョッチ不安を感じたが、出だしタイトルからなんだかとってもいいカンジ―。いつものビバ!クリスティーナ・リッチ!健在であった。眉間の縦皺がイチオシ‐キュート。そしてフツー(あるいは以下)の男が徐々にカレシにしたい位置まで赤丸上昇する過程とサラリかわしながらも丁…

麦の穂をゆらす風

キリアン・マーフィの澄んだ瞳が美しい。IRA以前、アイルランドの人達が長い間イギリス政府によって頭を押さえつけられてきた結果、ついには圧政に対する抵抗がゲリラを生み、同じ民族間の対立にまで発展する様が描かれている。暴力は決して鎮圧の手段に…

メリンダとメリンダ

メリンダ登場!から悲劇と喜劇の二つの恋物語が同時進行。あなたはどちらがお好みか?と聞かれたなら。多数は悲恋バージョンを選択するかも?喜劇はわりと平凡定番。かつてウッディ・アレン本人がペラペラしゃべりまくってハッピーエンドに押し倒したパター…

マッチポイント

すっかり憑き物が落ちたウッディ・アレン。インテリで洗練されたダイアン・キートンと別れ、キュートな都会っこミア・ファローと暮らし始めたもの、彼女の養子と恋に落ち、散々な修羅場をくぐり抜けた後々の作品は身につけていた装飾品をひとつひとつハズし…

マイアミ・バイス

マイアミ・バイスと言えば…のドンドコドンのヤン・ハマー!! そして。メロメロせつなサックスで“YOU~ BELONG TO THE CITY~”を朗々歌いあげる伊達男グレン・フライ。 ドン・ジョンソンの吹き替えがハマリすぎの隆大輔! とかとか。 …80年代TVシリーズがす…

マンダレイ

ラース・フォン・トリアーのアメリカ三部作No.2。とにかく彼の作品は、気力体力共に万全な態勢で臨まなければ打ちのめされてしまう。 睡眠たっぷり。精神統一。お――し!こい!!今回はアメリカの偽善とエゴな正義の押しつけに対する強烈なあてこすり。ギャン…

ミュンヘン

今なお解決されぬイスラエルvsパレスチナ抗争。大儀はどうあれ、繰り返されるのはマフィアやヤクザ社会と何ら変わらぬ『やられたらやりかえす』の仁義無き殺戮。スピルバーグ。今回はかなりドキュメンタリータッチというか~リアリティ重視でドンパチもかな…

ミート・ザ・ペアレンツ2

…とても疲れていた。。。もんでコメディを物色。集中力も欠いていたためコレを手に散々迷った。 ベン・ステイラーものはウェルカム!バッチ来い!だが……難色はデニーロ&ダスティン・ホフマン&バーブラ・ストライザンド。かつては超個性派最前線で暴れまく…

ミリオンダラー・ベイビー

とにかく!『許されざる者』以降すっかりイーストウッドの奥深さに魅了されっぱなし!! 今回はそれ以上。 人間を描く丁寧な手法、的確さに驚嘆。心情はこうと言葉で言わずとも。その気持ち。よくわかる。んである。 やるせない不条理、切なくてしかたないス…

モンスター

あの美しいシャーリーズ・セロンの変身にドッキリ。 クリスティーナ・リッチの柔軟さにビックリ。 学もなく13歳から生きるために娼婦やって、本能だけで危険を回避し生きのびてきた実在の死刑囚の悲劇。 アメリカの格差貧富の幅は広い。をあらためて実感。日…