天井桟敷

食。映画。音楽。本。旅。などなど。

えいが カ行

カフェ・ソサエティ

youtu.be キュンキュンはらはらソワソワもんもん いくつになっても不動普遍の恋愛金字塔。 今回も役者のクセがスゴイ。 スティーブカレルはマシューマコノヒー的変貌を遂げ、クリステンスチュワートは何かいいことないか子猫ちゃん。 清涼感タップリほんわか…

神のゆらぎ

youtu.be あーーもうグザビエドランには反射的手伸び。ところが肝心のドラン。窮屈感がハンパない。彼は与えられた役だけではギラついた輝きを噴射することができない。つまりこの役は他の誰かでよかった。今、信仰の是非に関してあなた自身の御判断を。的曖昧投げは…

カジュアル・ベイカンシー

あっと驚く衝撃性もなく平坦の先にある結末の歯切れも悪い。にしてもJKローリングが力量ある作家に思え小説を読む気になりかけたが、あまりの評価真っ二つに尻込み。よほど文章力がなければ(苦手なカズオ イシグロ同類説もあり)起伏のない些細な事件ばかり読み進める…

教授のおかしな妄想殺人

http://kyoju-mousou.com/久々劇場鑑賞ーーーとても涼しく楽しかった。個性的猛獣の扱いに長けるウディアレンと知的テク垣間見えるホアキンとエマストーンの相互関係はとても滑らかで相性抜群、邪悪な妄想殺人の展開はコミカルで軽快。今回もズバ抜けたセンスの衣装でエマストーンの愛くる…

ゴーン・ガール

http://youtu.be/aq8X4FUMvKo 限りなく原作に忠実。 展開を知ってはいるがディテールや演技ばかり気になる。 的確だが小ぢんまり、ストーリ自体の衝撃以上に仕掛けはなく、主役ふたりもイマイチ浅い。要は人物像が薄っぺら。イチバンのガッカリは後半衝撃的に急転する妻優位の…

キャッスル シーズン4

恋の行方に支障がでるんじゃない?程、キャッスルの体型がジワジワ巨大化、 そーゆー意味でホッと一息つけたシリーズ。 おかげで一層安定感と安心感が強固なものとなり、末永く続いてほしいシリーズに昇華。 益々のご発展をお祈りしたい。

キリング シーズン3

尺は前作の半分、間延び感なく濃密。 主役サラの致命的性格の欠陥により、またもやプライベートな幸福を自ら叩き落とし。 ラストシーズンにありがち理想的エンディングを拒み、つづく感満載の余韻は苦し。 私人として失格だが刑事の嗅覚は一級、仕事において男女間の境界なき…

グランド・ブダペスト・ホテル

http://www.foxmovies.jp/gbh/ 善き人を助け手加減する術を持ち、正義感あふれていた古き良き時代。 悪者すら憎めない。 回想はサイレント映画のようにシャキシャキスピーディに進む。 内容は濃いが重さはまったくない。 ウェスアンダーソンはスゲーいい奴なんだと思う。 ロイヤルテネンバウム…

恋するリベラーチェ

http://youtu.be/k3lw7OYDx-4 マットデイモンは苦手だ。がしかし、聖子ちゃんカットのバンビちゃんは実にキュート。むしろコッチがずっと向いている。 マイケルダグラスもしかり。コワモテより寂しんぼの笑顔がずっといい。 さらにはロブロウの出現に仰天。ぶっちぎりのインパクト。願わくばも…

危険なプロット

現在までのオゾン作中、最高評価。 文才なき国語教師が教え子の実況作文にのめり込むさまを描く。 核となる映像と共に語られる作文がとにかく秀逸。 密かな覗き、しかけた罠の告白、他人の日常に潜り込み冷静かつ辛辣な分析をする、かと思えば少年らしい欲望と…

キリング

スウェーデンに続きデンマークいただきました。 前半はタメと思わせぶり無意味なショット乱用で、アメリカの教科書には絶対あり得ないゴタゴタモタモタぶりに多少イラつきますが、5、6巻あたりからどんどん精査され勢いに乗ってきます。 終わってみればこんな誤認連行連発で引っ張るのも…

キャッスル シーズン3

キレイめベケットと自称キレモノ キャッスルはますます吐く息ピタリ脂ノリノリ。 そこまで引っ張るか恋の鞘当ての焦らし、軽いセリフとしぐさの妙、いかにもNYセレブ的生活とNY市警の洗練がすぎるファッション、全てが絶妙な配分でくすぐったい。 少しばかり展開見えたか思いはじめた直後のラス…

コララインとボタンの魔女

ナイトメアの自由自在度がいかに高いか、改めて知ることとなる。 少しばかり美しい場面もあるがハッとする新鮮味はない。 表現が低年齢層限定保守がすぎて大人にはまったく響かない。

恋のロンドン狂騒曲

http://youtu.be/uj8qFz-ofuM 今回はロンドン。 占い霊媒、バラ色の妄想、かけ離れたシビアな現実、いつものように軽快なテンポでどんどん前進。 実はアンソニー・ホプキンスが少し苦手。しかも再婚相手が下品すぎ。よって評価は少し辛めになってしまったのは致し方なし。 恋も…

キャッスル シーズン2

相変わらずユルくて楽しい。 ハイセンスなキャッスルの母と娘はまさに理想とする家族像。 ゴージャスで強靱な相棒バケットとの重要な駆け引きは今回も焦らしに焦らして、次シーズン以降持ち越し。 立て続けに観てもマッタク疲れないほんわかミステリーは今回も心地よく清々しい。

キャッスル シーズン1

ペネロペ似のコワモテ美人刑事とお調子者ベストセラー作家の硬軟事件簿はブルース・ウィルスの昔々“こちらブルームーン探偵所”を彷彿させるライトミステリーでちょっとした掘り出し物。 文系中年男が頭から湯気を出したタイトな美女に耳をギュっと引っ張られたりつねられたり、叱咤される様がツボ…

LUTHER/刑事ジョン・ルーサー シーズン1

さすがBBC アメリカ流やたらドハデなドンパチと、ハッキリ画す人物重視型人間掘り下げドラマ。 事件の猟奇よし人脈よし役者よし演技力よし。 長々な引っ張りも惜しみもなく早めに追い込みバッサリ切る。 唯一サイコ女アリスの「それはダメでしょ」設定にマイナス0.5。 7泊まで待てないシー…

キラー・インサイド・ミー

ケイシー・アフレックの冷血は圧巻である。 もって生まれた異端の気質。 一点の曇りもない真っ直ぐな瞳とキイキイ耳障りな声。 被害者を竦ませ従属を帯びたカリスマ性。 正体を知ってなお敬愛を深め、喜んで身を捧げる被害者の矛盾した心理も よく描かれている。 重厚なバイオレンス…

ガリバー旅行記

ジャック・ブラックかわゆス~歌うまス~ひっくりかえる様おもろス~ てな具合にジャック・ブラックをひたすら愛でる映画なわけです。

クレイジー・ハート

芸能界で掃いて捨てるほど転がってるバナシではあるが。 なりきりカントリー歌手ジェフ・ブリッジスは正解。そのまま歌出しちゃえば?程声が いい。ステージパフォーマンスもイケる。 あるあるストーリーをひとりでアカデミーレベルまで牽引した、とも言える。 カリカリ痩せた骨皮コリン・ファレルにビックリ。…

(500日)のサマー

ライアン・オニールかウエンツか、みたいなフニャ顔優男ジョセフ・ゴードン=レヴィット君。 極端に肩幅狭いわ、歌も踊りも下手くそ(役?)なのだが、見事に超草食を演じきった。 インセプションでは重要な役でありながら、終始控えめライトな演技で逆に印象深い。 恋を美化しすぎたロマンチスト君が、我…

クリーン

不器用な母を演じる常磐貴子とYOU似のマギー・チャン、純粋な目をした愛くるしい子役が、退屈なストーリーをある程度の水準に押し上げた作品。 内容はかなり食い足りないが、魅力的マギー・チャンをひたすら目で追い、かろうじて及第。

グラン・トリノ

イーストウッドの静かで確かな目線は相変わらず冴え、 決して一所に留まらないアウトロー精神に貫かれている。 悪しきを叩き弱者を助ける戦いはまだまだ続くんだろう。 許されざる者のジーン・ハックマン。 ミリオンダラー・ベイビーのモーガン・フリーマン。 そして今作ではジョン・キャロル・リンチが渋…

ゲット・スマート

さすがスティーブ・カレルは笑える。 体重を落としたアン・ハサウェイの目がますますデカく際だち美人に見える。 ドウェイン・ジョンソン、演技がうまくなってきた。 そんなとこかな。

クローバーフィールド

全編手持ちカメラ。ひとりがカメラを回し続ける設定。 成功例はブレアウィッチ。 パニック系はかなりムズカシイ。迫力と詳細に欠ける。 しかもストーリーがイマイチ。孵化直前のニワトリのヒナにしか見えない怪獣もイマイチ。 愛の物語のような~怪獣映画の…

毛皮のエロス

ニコール・キッドマンお馴染み変わりネタに挑戦!モノ。であるが。やはりアカン。なにがイカンのか? 今回もまたまた中途半端。その美しさの対極にあるべきグロの部分が相当なまぬるい。せっかくの変態。フェチ。フリーク。が「姫ともあろう者がそれはいけま…

ゴーストライダー

ニコラス刑事。それ。ムリぽ。どんな演技力をもってしても。むりむりむりむりむりったらムリ―――――!!いっそ全編ドクロ顔で声だけ出演にしちゃえばよかったのに。キュートな青年。どーしたらこの顔になっちゃうわけ?エヴァ・メンデスも!ピーター・フォンダも…

カポーティ

とにかく!フィリップ・シーモア・ホフマンがすばらしい!のひとこと。ますますこの人に憑かれる。ゲイのしぐさ。作家の卑しい匂い。金属音的な声。嘘つき。姑息でえげつない。 しかし時折そんな自分を恥じる弱さをちらと滲ませたりもする。“IN COLD BLOOD”…

キンキーブーツ

『フルモンティ』や『カレンダー・ガールズ』を見ていなければ、心ほのかに温まる軽めのコメディとしてそれなりに楽しめたかも。 残念ながらそのパターンでその調子であった。さらに出だし『実話に基づいた』は反則技です。 しかし。ドラッグクイーン系は私…

カサノバ

フェリーニのドナルド・サザーランド演じる重厚なカサノバとはまさに対極。羽毛のように軽やかでとにかく「あっまぁ~~~~~い!」ヒース・レジャー。まあ…それはそれ。これはこれ。ラッセ・ハルストレムの作品はいつも『風』のイメージがつきまとう。“ギ…